ジャニーズグッズを売るのに必要なもの

ジャニーズグッズを売るとき、どの業者でも必ず必要になるものがあります。
せっかく売るグッズが用意できても必要なものが揃っていないと買取拒否されてしまいますので、きちんと必要なものを揃えてから依頼しましょう!

必要なもの1:身分証明書

買取の際に必要なものの代表例が身分証明書です。これは生年月日や住所を確認するために提示する必要があります。
間違いないのが運転免許証です。他にも各種健康保障証や住民基本台帳カード、マイナンバーカード、パスポートなどが身分証明書として使えます。
宅配買取の場合は、これら身分証明書のコピーをグッズと一緒に送らなければなりません。

個人情報なので提出するのをためらうという方もいるかも知れませんが、身分証明書の提出は「古物営業法」という法律で決められています。
例えば売られた物が盗品である可能性もあるため、お店は万が一のときのために「どこの誰から買い取ったものなのか」をはっきりさせておく必要があるのです。

身分証明書が提出できない、どうしてもしたくないという場合は、残念ながら買取してもらうことはできません。

必要なもの2:未成年の場合は保護者の同意が必要

未成年の方の場合は、身分証明書の他にも保護者の同意が必要になります。
これは未成年が保護者の同意なしに売ったものは、後から保護者がお店に取引の解除を求めることができるためです。この決まりはお店からしたら損しかないので、事前にしっかり保護者の同意を得ておいて損するリスクを避けるわけですね。

では、具体的にどうすれば良いのかというと、買取業者のホームページから同意書をダウンロードし、保護者に書いてもらって、グッズ、身分証明書と一緒に送ればいいだけです。
また、保護者の方に頼んで保護者の名義でやり取りをしてもらうのも一つの方法でしょう。そうすれば取引をするのは保護者なので、身分証明書だけで取引が可能です。
どちらにしろ保護者の方に「ジャニーズグッズを売りたい」という相談は必要です。「親に隠れて売りたい!」ということは出来ないので注意してください。

また、同意書は必ず保護者の方に書いてもらうようにしてください。自分で書いたり、保護者以外の人に書いてもらったりするのは法律で禁じられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP